神社一覧
Shrine
当日までの流れ
Frow
挙式の流れ
Program
Photo
ギャラリー
Gallery
お見積り
Estimate
会食会
Party
アクセス
Access
お問合せ
Inquiry
HOME
福山神前式





 

【一、入場 〜参進の儀〜】
巫女に先導される形で、新郎新婦を先頭に、媒酌人夫妻、両親、親族の順に本殿に入場します。

【二、修祓の儀(しゅばつ)】
参列者は一同に起立して頭を下げ、斎主がおはらいをします。

【三、祝詞泰上(のりとそじょう)】
斎主が神前で祝辞を読み上げ、新郎新婦の結婚報告をします。参列者は起立して聞きます。

【四、三献の儀(さんこん)】
三三九度の儀式。「小杯」は新郎→新婦→新郎、「中杯」は新婦→新郎→新婦、「大杯」は新郎→新婦→新郎の順でお神酒を飲み交わします。 はじめのふた口は口をつけるだけにして、3口目で飲み干します。斎主が、 新郎新婦に結婚の誓約を問いかけ、それに答える形で新郎新婦は結婚の誓いをします。

【五、誓詩泰上(せいしそうじょう)】
神殿に向い、新郎新婦二人で誓いの言葉を読み上げます。

【六、指輪の交換】
神前式には本来ないものですが、今では行うのが一般的。巫女から指輪を受けた新郎が、 新婦の左手の薬指に指輪をはめ、続いて新婦が同様に行います。

【七、玉串奉奠(たまぐしほうてん)】
新郎新婦、続いて媒酌人夫妻、そして両家代表の順で、神殿に玉串を捧げます。

【八、親族杯の儀】
巫女が親族全員に御神酒を注ぎ、一同が3回で飲み干します。(親族の固めの杯)

【九、斎主のあいさつ】
挙式が終了したこたことを斎主が神殿に報告し、新郎新婦に祝福の言葉を贈ります。

【十、退場】
巫女に続き、新郎新婦、媒酌人夫妻、親族の順に本殿から退場します。